2019年3月1日金曜日

KRYNA社ショールーム訪問!

こんにちは!
えちごやミュージックの山田です。

もう3月ですね。少しずつ暖かくなってまいりました!
是非外を散歩するついでにでも当店へ足をお運びください!

さてさて。実はちょっと時間がたってしまったのですが。
当店でも各商品を取扱いさせていただいている
KRYNA(クライナ)さんのショールームにお邪魔してきました!



http://kryna.jp/

KRYNAさんはオーディオアンプ、スピーカー、インシュレーターからターンテーブルカートリッジ用のリード線まで、幅広いオーディオアクセサリーの製造、販売をされている会社です。
KRYNAさんのオーディオづくりは、「道具」としての価値を高める事を最重要としているとのこと。
製品のラインナップを見ても非常に説得力のあるお言葉ですが、それをさらに耳と身体で感じて皆様へお届け出来ればと思い、訪問させていただきました!

当店スタッフも日々色々な目線で音を学ぶようにしておりますが、今回はこの方にも参加していただきました。

DJ RYOW a.k.a. smooth currentさんです!

------------------------------------------------------------------------------------
PROFILE:
DJ/トラックメイカー

国内外各地のイベント、有力アーティスト達と共演する等、豊富な現場経験はシーン随一。Hydeout Productionsの黄金期をレジデントDJとして支え、Nujabesと共作し話題となったオフシャル・ミックス音源「Hydeout Sound Lab」や、Nujabes Tribute Mix、自身のオフィシャルミックス音源「Optical Axis」(Ultravibe)、HMV渋谷&ONLINE-10周年企画「Live@Somewhere」などをはじめ、ミックス作品も多くリリース。

トラックメイカーとしても幅広く活躍し、アナログとしては異例のビッグ・セールスを叩き出した『GEMS EP』シリーズと、その発展形アルバム『Blue Chronicle』のリリース、国内外アーティストのリミックス・楽曲提供を経て、自身の1st アルバム「Maintain The Focus」、インスト集「Scenes From Life」、2nd アルバム「Trace The Roots」を発表、その色彩豊かで流麗なサウンド・プロダクションが多方面に高評価を得ている。

そして、その人気の裏付けとして、サンフランシスコのレーベルOM Recordsの顔的存在、Mark Farinaによる大人気MIX CD『Mushroom Jazz』の最新盤vol.6にも、Smooth Current名義で楽曲を提供している。

ソロ活動の他にも、ボストンの奇才Insight(インサイト)、Shin-Skiと、国境を越えたユニット「ShinSight Trio」としても活動。今までに3枚のアルバムをリリース、テイチクレコードよりメジャーデビュー。日本はもとより、中国、台湾、韓国、シンガポールのチャートでも上位を獲得。

中国大手テレビ局「ICS」の正月特番や、Casio「Shock The World in Shanghai」等に出演、さらには、台湾の雄、Soft Lipaとのコラボで台湾進出等、活動を世界に広げ活動中。

その他、オリンパス/リニアレコーダー、LSシリーズのインフルエンサーとしての活動や、パイオニア「Steez」への楽曲提供など、クラブ・フィールドにとどまらないその活動、「確かな耳」と「影響力」が多くのファンを魅了し続けている。

Twitter:https://twitter.com/smoothcurrent01
Instagram:https://www.instagram.com/smoothcurrent/
------------------------------------------------------------------------------------
DJ、トラックメーカーとして多くの音を吸収し、発信してきたRYOWさん。
その信頼出来る耳で、共に体感していただきました!

案内していただいたのは伊奈様。
お忙しい中、ありがとうございます!



至るところに各製品が並んでいるのですが…気になったのは多くのレコード
伊奈様の私物もあるそうで。笑
綺麗に並べたレコードがお出迎え

2Fもレコードが飾ってます


我々もレコード大好き人間です。すでにワクワクします…。


今回はアナログレコードを使用しながらの試聴がメインだったので、こちらの3点の商品を中心にお話をさせていただきました。
簡単に商品の説明をいたしますと…

・T-PROP(インシュレーター)
スタンドの移動がカンタンな、安全なスパイクと受け皿の一体構造型インシュレーターです。
Technicsのターンテーブル用として開発がされてきましたが、ネジ径が5種類用意されているので条件が合えば他でも使用可能です。ネジ穴がないものでもネジ穴をご自身で空けて使用している方も多いそうです。

・Helca 1(ケーブルインシュレーター)
ケーブルに巻き付けて使用する、全く新しい形のケーブル専用インシュレーターです。
外部からの振動のみならず、ノイズに対しても高い効果を発揮します。本当に巻くだけでいいのです。

・Shelca 1(シェルリード線)
カートリッジが発した信号を真っ先に受ける役割として、
情報量を減らさない、位相をかえない、ノイズをもらわない、の3点を前提としたシェルリード線。

------------------------------------------
しかし置いているものが全て魅力的すぎて…なかなか本題に入れませんでした。笑
今後、さらに多くのKRYNAさんの製品を当店で扱っていく予定でございます!
是非引続きチェックしていただけたら!


置いてあるもの全てに反応してしまいます。笑



さて、いよいよ試聴会スタートです!
まず案内していただいた部屋は、6畳ほどの広さ。
自宅の環境に近いというのも嬉しいですよね!


主な使用機材、環境は
・ターンテーブル Technics SL1200mk5 ×2
・オーディオボード KRYNA Palette Board
・カートリッジ SHURE M44-7
・DJミキサー ALLEN & HEATH XONE2 62
・スピーカー KRYNA Duet39
・スピーカースタンド KRYNA Stage+KRYNA T-PROP

となっており、ターンテーブルを1台ずつ
T-PROP、Shelca 1、Helca 1を取り付けたモデルと取り付けていないモデルが比較出来る状態で試聴させていただきました。
至れり尽くせりです…。

↑比較以前に、まず土台の環境が素晴らしすぎました

------------------------------------------
RYOWさんに実際にレコードを持ち込んでいただき、普段聴き慣れている盤でお試しです!
HIP HOPクラシック、サンプリングソース、四つ打ち等々…

聴き易い位置でRYOWさんに試聴していただきました




このような素晴らしい環境なのでもちろん予想していた部分もあるのですが、まず音像がすごくくっきりしています。
例えば90年代のHIP HOPクラシックは良い意味で質感もあり、サンプリングネタにフィルターをかけたりなどしてモコモコしている曲が多いのですが…
何でしょう、このベースの輪郭とキックのアタック感。こんなに1音1音が主張してましたっけ…?
ただし、完全に分離しすぎているわけではないのです。
クラブで大音量でかけた時に圧でわかる音が、この部屋の音量でもしっかりと主張出来ていると言いますか。
あくまで本来のバランスを保ったまま、明確になった感覚です。

Pete Rock & C.L. Smooth - The Main Ingredient

A Tribe Called Quest - The Love Movement

サンプリングソース70〜80年代のフュージョン多めで試聴しました。
まず当時の音源の特徴的な音像定位、楽器配置が非常に気持ちいいです。
ライブ盤を聴いている感覚に近かったかもしれません。
それと特徴的だったのがソロパート
エレピ、オルガン、ギター等々ソロパートが入っている曲が多かったのですが…
抑揚ある演奏の臨場感はそのままに、大きすぎると思っていた部分が耳に痛くなく、そしてもう少し聴こえてもいいと感じていた部分はわかりやすく…
ソロパートの醍醐味をひしひしと感じることが出来ました!
George Benson - Shape Of Things To Come

Young Holt Unlimited - Just A Melody

音数が少なくシンプルな四つ打ちは、1音1音の際立ち、存在感がさらに明確になりました。これもまさにクラブでしか感じられなかった音量での圧が感じられました。
特にキックのアタック感と音程のバランスが素晴らしかったです。当然キックにも音程があるのですが、どうしても他の音との混ざり具合、振動等々で濁って聴こえてしまうんですよね。作っているほうからしてもこだわりをもってやっているのですが、難しいところでして。この環境で聴いていただくと作り手も嬉しいですね。笑

Moodymann - DJ Kicks


見た目でも太さがわかるリード線

シェルリード線のShelca 1は質はもちろんのこと、音量で純正リード線との明確な差がありました。この部分で音量が稼げるってすごく重要なのです!
ここで音量も小さくノイズも乗っていた場合、そのあとに音量をあげる事でノイズの音も当然大きくなってしまいますからね。入り口部分にこだわることでその後の音の調節も非常に楽になるので、サンプリングする時もDJプレイの時も、扱う方の個性が前面に出やすくなります!
特に現場でのDJは針を持ち込んで自身の針に変えるところからプレイがはじまっていますからね。個人的な経験でも、1曲目から出音がいいDJの方のプレイは気になってしまいます。笑

RYOWさん、感動しっぱなしでした…



で、これらの製品群の最大の特徴は…導入、取り付けが楽ということ!
これはものすごく重要なことです。

特にケーブルインシュレーターのHelca 1、これは革命だと思います。
なぜなら、巻くだけなのですから。笑

多少雑に配置出来る安心感も強み!


巻くだけでなんで…?と思われる方、巻いてみましょう…巻かないとわからないこと、あります…。
「音を良くする」という表現よりは、「そのケーブルの持つ本来の力を発揮させることが出来る」というほうがしっくりきます。
ケーブルは思っている以上に周りにあるものの影響を受けやすいです。
テーブルの裏でケーブルが絡まってごちゃごちゃになっていたり、地面に接地せず空中配線の状態になっていたり…
模様替え等で位置を動かしたときもそれだけで音は変わってしまうのです。結線し直したら音が変わったという経験をされた方、いらっしゃると思います。
しかしあまりにもそういう部分を気にしすぎるときりがないですよね。

そのような
「気にしないといけないのは分かっているけど気にしたくない」。
モヤモヤしている方。
巻くだけでその気持ち、消えます!振動とノイズと共に!
------------------------------------------

巻くだけでいいなら…
と、もう1つ実験を。スマホから音楽を再生する方も増えているので、ストリーミングサービスで再生をしてみました。


当然、巻いてます。




















Helca 1の存在感が凄いことになっていますね。。
Lightning - イヤホン・ヘッドフォンジャックアダプタも純正品、オーディオケーブルも安価なものをあえて使用しています。

結果…変わりました。わかっていても、なんでだろう?と首をかしげてしまいます。笑
ケーブル選びで悩むくらいならHelca 1を巻いてしまったほうが早いかもしれません…。



さて、楽しい時間は早く過ぎるもので…
予想より長居してしまいました。申し訳ありません。笑
むしろ時間が足りないくらいです!またお邪魔させていただきたいです。

RYOWさんはご自身のInstagramにて、今回の訪問について投稿していただいてます。
------------------------------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------------------
是非RYOWさんのSNSもチェックしてみてください!
https://www.instagram.com/p/BsPrUYcnscn/


KRYNAさん、ありがとうございました!

最後に記念写真!

KRYNA ショールームでは、KRYNAさんが製造・販売している製品の全てをご試聴可能です。
試聴会などのイベントも開催しているので、足を運んでみてはいかがでしょうか。



商品について気になった方は、当店まで!
なんと
KRYNA取扱商品、さらに追加いたしました!
当店で取扱っている別製品の力をさらに発揮させたい方、是非合わせてご相談ください!

一覧はこちらから↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後に…今回ご案内いただいた、KRYNA 伊奈様よりコメントをいただいております。
熱いコメントありがとうございます…!

KRYNA 伊奈様 コメント
「自分も出はえちごやさん寄りというか、長い時間の中で色々なご縁を頂いて今に至る訳ですが、
もともと10代の頃にHIPHOPから入ってDJを始めてレコードを掘り漁り、現場で多くの人達と繋がって、
クラブミュージックがルーツであることは間違いないと思います。
そんな自分がオーディオの世界に入って感じることは、オーディオとクラブミュージックの隔たりです。
音に対するイメージの相違が先行してしまい、着眼点が本質や良いところから外れてしまっているように思います
DJ KENTAROさんの「NO WALL BETWEEN THE MUSIC」じゃないですが、聴くジャンルだけでなく、聴き方や使用する機材も変な概念や壁を取っ払うとより楽しめるというのが今の自分のモットーの一つです。
オーディオとクラブミュージックの融合ですね。
KRYNAの音作りの理念は「ホログラフィックサウンド」いかに三次元的に音場を表現出来るかです。
例えばターンテーブルの台座のインシュレーターを純正のものからT-PROPに付け替える。これだけでキック一発の輪郭が変わってきます。
スピーカーの上に上にAzteca(アステカ)を置く。それだけで音場がパッと広がり、奥行きと高さが生まれます。
リード線をShelca 1へ付け替える。今まで聴いたことのなかった音がその盤から聞こえてきます。
一つ手を加えるとその分だけ新たな聴こえ方が帰ってくる。
その楽しさを共有出来れば何よりです。
全ては音楽を楽しむために。
こちらの業界ではまだまだ未知のブランドだと思いますが、ぜひ一度、体感して頂けると嬉しいです。」

KRYNA 伊奈様、改めてありがとうござました!


えちごやミュージック
150-0041 東京都渋谷区神南1-12-18-9F
TEL: 03-3464-0905

2018年9月21日金曜日

えちごやミュージックは創業25周年を迎えます!

こんにちは!えちごやミュージックの山田です。

暑い日が終わったと思えば雨が続いたりと…はっきりとしない天気が続きますね。
雨の中でも元気に営業中!えちごやミュージックです。

そんなえちごやミュージックより、お知らせがございます。

なんと…

えちごやミュージックは
今年で創業25周年を迎えます!

これも共に楽器、機材を愛して下さっている皆様のお陰です。
ありがとうございます…!

そんな皆様に感謝の気持ちを込めまして…
こんな企画をご用意させていただきました。



お客さまに感謝をこめて!
創業25周年特別企画!数量限定特典!
えちごやミュージックロゴTシャツ、プレゼント!

■購入特典
税込30,000円以上お買い上げの方に先着特典で「えちごやミュージック Logo T-Shirts」プレゼント!

ご注文いただく商品の合計金額が30,000円以上のお客様限定の特典となります。
ご注文の際、備考欄にご希望サイズ(S、M、L、XL)を明記下さい。

■買取特典
店頭買取限定!
査定額合計30,000円以上の場合、「えちごやミュージック Logo T-Shirts」プレゼント!現金と一緒にT-Shirtsもゲット!
店頭買取ドシドシお待ちしてます!

※共に、数がなくなり次第終了とさせていただきます。


先日製作したロゴTシャツですが、好評でして…
違うサイズも欲しい!という声もありまして、ありがたい限りでございます。
け、検討中です…

そんな、えちごやロゴTシャツをプレゼント!



当店でもご自宅でも、いつも以上に眠っている楽器、機材を探していただいたりして…
是非インパクトある「えちごやミュージックロゴTシャツ」をゲットしちゃってください!

26年目も、今まで以上に楽器、機材の楽しさを皆様にお伝えしていけたらと思っております!
今後ともえちごやミュージックを、よろしくお願い致します!

Tシャツ単体のご購入はこちらから

そして、9/22(土)から10/14(日)まで
買取査定額10%UPキャンペーンを開催いたします!



是非是非この機会に眠っている機材をえちごやまでお売りください!

ご来店お待ちしております!

えちごやミュージック
150-0041 東京都渋谷区神南1-12-18-9F
TEL: 03-3464-0905
http://www.echigoyamusic.com/

2018年9月5日水曜日

自分で組立てるレコード・プレイヤー!その楽しさと機能性に迫る!

こんにちは!久しぶりの投稿になります。えちごやミュージックの山田です。
これから頻度あげていきます!皆様がいい機材に巡り会えるよう、いい情報を発信していこうと思います。

さて、早速ですが
今回はレコードプレイヤーの新製品をご紹介しようと思います。
ただのレコードプレイヤーではありません。
なんと…

世界初(!)の自身で組み立てるレコードプレーヤーなのです!

その名もamadana『SPINBOX』





Spinbox - Have you built a record player?



こんな時代が来るとは…
しかも特別に何か他の機材等を購入する必要もなく、組み立てに必要なキットは全て同梱されているのです。
↓このように部品が入っており…



説明書を読みながら楽しく組み立てることが出来ます!

ちなみに公式では、組み立ては5ステップ、約20分で完成…と書いております。
現在当店で展示してあるSPINBOXも、もちろんスタッフで組み立てております。
が…!
20分では組み立てられませんでした。笑

得意不得意があるので、もしかしたらもう少しかかるかも…と思っておいたほうがいいかもしれません。いや、私が下手なだけだったかもしれませんが…。
ただし、凄く楽しかったです!
昔の図工の時間を思い出すような…
是非自身で組立てるワクワク感を体感していただきたいです!

公式で組立動画もUPされています。


個人的には、このキットを使用してガンガンカスタムしていただきたいですね!
外箱にステッカーを貼る、塗装してしまう、などもいいですね。
マニアックな方は、部品を使用して別のものを作ってしまうという手もあります。
例えばレコードを乗せるメインの部品のこちら。


これをどこに付けようかな?と考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか!
是非面白いアイディアがありましたら私まで教えていただきたいです。笑



さて、組み立て式の製品と聞くと…丈夫じゃないんじゃないか?すぐ壊れない?
と考えてしまうと思われます。私もそんなイメージを持っています。

しかし…!




外装には高品質、「耐水性」の紙素材を使用!
アウトドアなどで使用していても、心配はありません。


さらに、紙素材なので軽量!約1.2kg!
持ち運びまで想定して作られているのです。
ありがたいですね。
ちなみに1.2kg…これ…
Macbook AirやMacBook Proよりも軽いんです。
MacBook Air=1.35kg/MacBook Pro =1.37kg
普段PCを持ち歩いている方、あの手軽さでレコードプレイヤーが持ち運べるって凄くないですか!?
ポータブルレコードプレイヤーは数多く存在しますが、この軽さはピカイチじゃないでしょうか。
取手も付いており、スタイリッシュに持てます!






もちろん外箱もあるので、ここまでむき出しにしなくても持ち運び出来ます。笑


本体にアンプ、スピーカーが内蔵されているのですぐにその場でレコードをかけることが出来ますし
ラインイン/アウトも備えています。お手持ちのスピーカーやヘッドホンに接続も可能です。
そしてmicroUSBから電源を供給が出来ます!皆様が普段お持ちのモバイルバッテリーなどに接続してしまえば、電源が取れない場所でも便利に使えますね!

当店でも取扱っている電池駆動、USB電源駆動のアイテムと組み合わせればまた面白いことも出来ますし、場所を選ばず気軽にレコードが聴けるのはかなりありがたいです!


ちなみに内蔵スピーカー、なかなか良い音なります!
内蔵スピーカーは本体裏にあるので、なるべく平らな部分に置いたほうがよく聴こえますよ!


これでSPINBOX本体価格、税抜¥15,000!
嬉しい価格でございます…飛び道具的なプレゼントにも面白いと思います!


さてこのようにリスニング用レコードプレイヤーとして、組立てられるDIYキットとして、楽しさと機能を兼ね備えているSPINBOXですが…

せっかくですので「DJ」の使用するターンテーブルの位置づけとして検証をしてみました!
今回、Numarkから発売されているポータブル・ターンテーブル「PT01 Scratch」と比較してみました!

まずは仕様で比較してみましょう。

■PT01 Scratch仕様
端子:RCAステレオ出力端子、1/4”ヘッドホン端子、1/8"ヘッドホン端子、1/8”外部入力(インプットスルー)端子、USB端子
回転スピード:33 1/3、45、78回転(EPアダプター付属)
コントロール:ピッチコントロール(±10%)ノブ、トーンコントロール・ノブ、外部入力ゲイン・ノブ、ボリューム・ノブ、回転数スイッチ、スクラッチ・スイッチ、電源スイッチ
電源:ACアダプター(付属:12V DC、500mA、センタープラス)、単一乾電池6本(別売・約4時間駆動可能)
サイズ:約302 x 302 x 102mm (W x D x H)
重量:約2.15kg

■SPINBOX仕様
端子:1/8"ヘッドホン端子、1/8”外部入力端子、USB端子(電源用)
回転スピード:33 / 45 / 78
コントロール:ボリューム・ノブ(電源兼用)、回転数スイッチ
電源:USBバスパワー(microUSB)
サイズ:約327 x 270 x 95mm (W x D x H)
重量:約1.2kg

大きさは数センチの差はあるものの、ほぼ同じくらいですね。


重量はやはりSPINBOXの軽さが魅力的ですね!
ターンテーブルとして発売しているPT01 Scratchなので、やはりコントロール部で差があります。
しかし、近年ポータブルレコードプレイヤーでスクラッチを楽しむスタイルが流行っており、このSPINBOXの軽さを活かさない手はない…!ということで…

試してみました。


接続しているポータブルフェーダーはstokyoから発売されているKutter!
こちらをこのように接続します。



ポータブルターンテーブルに早変わり!

Spinbox - Taiwan scratch session



SPINBOXは紙素材の分、多少揺れます。
安定性は造り上、PT01 Scratchのほうが優れていますね。
しかし、私は当初SPINBOXでスクラッチは出来ないと思っていました。

…意外といける!!びっくりしました。。

ちなみに今回使用しているPT01 Scratchのフェーダーは純正のスイッチ式のものではなく改造して取り付けたものになります。
SPINBOX+Kutterは取り付ける位置、角度は自由です。その代わり位置と固定方法により安定性が左右されるので、注意は必要です。


そしてスクラッチプレイをする場合、使用するレコードは7インチがオススメです!
12インチですと揺れも大きくなってしまって針飛びがしやすくなりますし、SPINBOX本体にフェーダーが取り付けられなくなってしまいます。


この位置には付けられるのですが、相当スクラッチしづらいかと思われます。。
アームも戻せませんしね。。



価格で比較してみますと…
PT-01 Scratchと交換用フェーダー(JDDX2RS Numark PT-01 Scratch Fader)価格
¥15800+¥8324

SPINBOXkutterの価格
¥15000+¥5500

SPINBOX+Kutterの組み合わせのほうが若干お求めやすくなってます!


SPINBOXのモバイル性は相当優秀なので、当店の機材ともつないでみました!
Roland Boutique TR-08もモバイルバッテリーで駆動するので…
こんなマニアックな組み合わせも可能。先程の動画にも登場しましたね。笑


当店的には808のビートに合わせてひたすら擦って欲しいです。笑


いかがでしたでしょうか?
買って、自分で組み立てて、持ち運んで、レコードを聴いて、スクラッチも出来て、カスタムまで…

音が出るまでも楽しく、出たあとも楽しい!こんな機材、なかなかないです。

当店ではもちろん店頭にて展示中!
実際の質感や軽さ、内蔵スピーカーなどの音も確認出来ますよ!
聴いてみたいレコードをお持ちになり、是非ご来店ください!

今後も楽しい記事を更新していきますので、お楽しみに!

SPINBOXのWEBでのご注文はこちらから。選べる全4色!

kutterのWEBでのご注文はこちらから。
JDDX2RS Numark PT01 Scratch FaderのWEBでのご注文はこちらから。

店頭、お電話でもお待ちしております!

えちごやミュージック
150-0041 東京都渋谷区神南1-12-18-9F
TEL: 03-3464-0905
http://www.echigoyamusic.com/